これであなたもデキる人!居酒屋選びの達人へ

居酒屋選びに自信をつける

社会人になると、何かしらのイベントを運営、企画する能力というものが必要になります。
イベントの中でもポピュラーなのが、パーティーや宴会です。

 

こうしたイベントを上手く終わらせられるかは、皆さんの「幹事力」にかかっています。
幹事の仕事として重要なのが、会場選びです。
人数と予算、出席者の好みに合わせた食事や飲み物を
提供することの出来るお店を探すのは、なかなか大変ですよね。

 

そんなときに助けてくれるのが居酒屋です。
どこの街にもありますし、キャパシティや料理、お酒の味も悪くない。
まさにこういったイベントに打ってつけといえるでしょう。

 

しかし、どんな居酒屋でも良いというわけでは無いのです。
居酒屋はたくさん存在する分、お店によってサービスに違いが見られます。
もし間違ったお店を選んでしまったら、仲間や上司からの信用を失ってしまうことにもつながりかねません。
手配や段取りが上手くいったとしても、
居酒屋の料理や対応が悪ければ最終的な印象はマイナスとなることもしばしばです。
反対に、多少失敗してしまってもお店選びで成功すれば、最終的な評価が高くなるかもしれません。
イベントを上手く取り仕切ることが出来れば、自分の成長のきっかけにもなります。

 

また、仕事だけでなく、プライベートでも「幹事力」を発揮する機会はいくらも存在するのです。
友人に対するサプライズパーティーなどが良い例です。
幹事を経験していれば、居酒屋店員とのコミュニケーションの取り方を熟知しているため成功する確率は上昇します。
そこで今回は居酒屋選びを中心に、良い幹事となるための方法をご紹介していきます。

 

 

確認作業を怠らない

幹事の仕事の8割は、イベント当日前の準備になります。
当日にすることは2割しかありません。
しかし、その準備を少しでも怠ると惨憺たる結果に終わってしまうので注意しましょう。
最初の仕事は、出席者の確認です。
出席する人数によって、会場の規模も変わってきます。
イベントの1カ月ほど前から出席に関する連絡を始めましょう。
何か月も前から予定を抑えられても、かえって迷惑です。
1週間前だと予定がすでに埋まっている人も多いため、遅すぎも厳禁です。
誰が出席するのかをリストにしておくと、人数を確認する際にも役立ちます。
このとき、欠席する予定の人もリストに加えておきましょう。
リストの作り方としては招待した人、出席予定の人、欠席予定の人はもちろんのこと、
予定が変わる可能性がある人も記載しておくと、人数調整を楽に行うことが出来ます。

 

予定が入りそうだけど、イベントには参加したい。
参加者の中にはこういう方もいるので、
「予定が変わる恐れのある方は、あらかじめご連絡ください」というアテンションをメールなどに入れておきましょう。
人数と開催日が確定したら、いよいよ居酒屋選びです。
最近の居酒屋は、気軽な宴会から格式高いパーティーまで
様々なイベントに適応出来るほど種類が多くなっているので安心してください。
こちらの梅田でよくコンパ等に利用されるお店はその立地と使いやすさから非常に人気が高いです。
会場の候補を絞り込む第一条件は立地になります。
参加者通いやすい場所にあることが大切です。
居酒屋と会社や自宅からの距離が遠い方には、
地図や時刻表を添付するなど快適に来ていただけるような配慮をしましょう。

更新履歴