まずはコンセプトを明確にしておこう

まずはコンセプトを明確にしておこう

社会人になると、歓迎会や送別会、忘年会にお花見と、
幹事を任される機会が増えます。

 

特に幹事は、若手社員にその役目が回ってきます。

 

幹事とは、適当に居酒屋を選んで参加人数分の予約を入れておくだけ、
そんなふうに思っているとすれば、その時点で失敗です。

 

なぜ若手社員に、幹事が回ってくるのか?というと、
それは幹事力を鍛える事は仕事力を身に着けるいい機会だからです。

 

幹事に必要なスキルはイベント運営、企画力、
コミュニケーション能力、気配りなど様々なスキルが求められます。

 

そして飲み会は、どんな居酒屋を選ぶかで、
成功するか、失敗するかが決まると言っても過言ではありません。

 

幹事になった時に、慌てないように、
居酒屋選びのポイントを紹介したいと思います。

 

そのため、「いい忘年会だった」と
上司に自分の名前を憶えてもらえるような、仕事をしましょう。

 

幹事をした事がきっかけて、新しい仕事を任せても大丈夫だと判断される、
そんな事も仕事ではよくある事なのです。
まず飲み会のコンセプトを明確にしておきましょう。

 

例えば新人歓迎会なら新人が主役ですし、
定年退社をする人の送別会なら定年退社する人が主役となります。
この場合、主役の年齢層が大きく異なります。
そのため、主役が喜びそうな居酒屋選びをするといいでしょう。

 

またお花見や忘年会など、特定の主役がいない飲み会のケースもあります。
しかしこの場合は、季節のイベントですから、
季節感があるコースなどを選ぶと喜ばれるでしょう。

 

例えば忘年会なら、12月の中旬から下旬に行われる事が多いはずです。
時期的に予約が増える時期なので、
なるべく早めに居酒屋に予約をしておく必要があります。
そして個室で掘りごたつでリラックス出来るお店だったり、
コース料理に鍋があったりすると、喜ばれます。
渋谷のこちらの居酒屋には鍋が何種類かありますから、冬の宴会にぴったりですよ。